レーシック手術とは

レーシック(Laser Assisted in-Situ Keratomileusis)とは、

角膜屈折矯正手術の一種で、レーザー光線による視力矯正手術です。

正式名称はレーザー角膜屈折矯正手術といい、レー ザー光線を使って角膜の中央部を削り

角膜の形状を変えることによって屈折率を変化させ、視力を回復させる方法です。

 

代表的なレーシック手術の手順は、まず、目の表面の角膜を、

エキシマレーザーというレーザー光線で薄く切りめくります。

そして、中の角膜にレーザー 光線を照射して一部を薄くし、角膜の屈折力を変えます。

 

 

最後に、はじめの角膜(フラップ)でふたをして元に戻し終了です。

時間は15分程度で痛みはほとん どなく、視力の回復も早いのが特徴です。

これによって、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することなく、裸眼視力を向上させることが出来ます。

1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されはじめ、世界中で毎年数百万人の方が治療を受けているといわれており、

日本でも2000年に厚生労働省から認可が下りて以来、急速に普及しています。

スポーツ選手やタレントの方に人気ですが、一般でも毎年多くの方が手術を受けています。

 

 

レーシックとは一体何!?という疑問は解消していたただけましたか? 現在、沢山のレーシック眼科が存在しています。

レーシック各眼科、様々な個性・特徴が ありますので、それぞれの個性・特徴を理解し、自分にぴったりのレーシック眼科を見つけてください!!

 

サイトメニュー|このページのtopへ戻るHOMEレーシック医院比較交通費補助制度有り

最終更新日: