プロゴルファー体験談

 近視レーシックを受ける前は、どんよりと曇った天気の下では見えにくかったり、

強風のときのバンカーショットなどはコンタクトレンズがずれたり、

目に砂が入って非常に困るなど、直接、成績に影響が出ていたといいます。

メガネ装用の場合は、全視野が矯正されずレンズ外の部分が見えなかったり、

レンズと眼球のわずかな距離が誤差を生み、ミスショットにつながることもあるそうです。

プロゴルファーが近視レーシックを受けるのは、これらの問題を解消する目的があるのです。

【ゴルファーがレーシックを受ける大メリットとは

>>なぜ多くのプロゴルファーがレーシックを受けるのか

サイトメニュー|このページのtopへ戻るHOMEレーシック医院比較交通費補助制度有り

最終更新日: